のぼりの見た目

のぼりの製作や運用に関して最も大事になってくるのは、のぼりの見た目であると私は考えます。

のぼりはもちろん、聴覚や嗅覚で通行人の方を刺激することはできません。

見た目一発勝負なのです。

間違いなく見た目が大切になるでしょう。

そして、一発勝負というところも鍵になるかと思います。

人は長い時間をかけて注意深く観察し、長文を読んでくれるなんてことはありません。

それは、普段通行人の立場である私やあなた自身が良く知っているはずです。

基本的に気になったもの以外は素通りしているのが普通だと思います。

そうでなければ、のぼりや看板が大量にある街中を通るのに何時間も無駄に時間を浪費してしまうからです。

では素通りするのが普通の人たちにたいして効果的な見た目にするには。

大切なのは衝撃、インパクトであると思います。

大きなインパクトを与えれば人はそこで考えてくれます。

空腹でお金があまり無い人には、安いランチやモーニングの価格が大きなインパクトとなって届くでしょうし、人によって何が大きな衝撃となるかは違います。

何が一番大きな衝撃を与えられるのかを商売の主なターゲット層から考え、デザインを練っていくことが大切かと思われます。

Comments are closed.