世界的にはめずらしいのぼり

のぼりは、日本では大量に見つけることができますし、探すまでもありません。

ちょっと街中を歩くだけで目に入ってきますよね。

それもやはりコストパフォーマンスに優れた宣伝方法が好まれているためであると思われます。

しかし、海外の写真なんかを見てものぼりのような旗はほとんど見当たりません。

星条旗であるとか、三角形の一辺のみが固定された風が吹かないとしょんぼりしてしまっているような旗なら多く見つかります。

この文化の差は何なのか私にもよくわかりませんが、のぼりはほとんど日本固有の文化になっているようです。

もっとも、起源という説がある中国にはあるのかもしれませんがそれでも中国の画像をぱっと検索して探した程度では見当たりませんでした。

どうやらのぼりを使っている国はあまりなく、少なくとも日本ほど愛用している国はないようです。

こんな便利なものがなぜ他国ではやらないのか謎ですが、もしかしたら日本人独自の趣味・嗜好にマッチした宣伝方法だったのかもしれません。

これから、日本独自の文化であり続けるにしろ、世界に羽ばたいていくにしても今まで日本で育ててきた大切な文化です。特に、大きな広告などを出せない個人商店の方などにはなくてはならない宣伝商材といえるでしょう。日本小売業協会

これからも見守っていきたいものだと思います。

Comments are closed.