のぼりの要注意点

のぼりを利用、運用していく上で大切になることをインターネットで調べていると見つかったので何点か紹介させていただきます。

まず一点目は、天候に気をつけることです。

屋外にのぼりを設置する場合、雨や風にさらさせてしまうと、傷んで長持ちしなくなるそうです。

晴れの日にまた乾くの待てばいいやーというわけではなく、雨にさらされて乾くまでに色あせたりするんですね。

また、傷つきやすくなったりも一部の素材ではするようです。

そういった損傷を防ぐためにも悪天候の際には、倉庫や屋内に収納するためのスペースを作っておきましょう。

次に二点目。

設置場所の重要性です。

のぼりは、多くの人に見てもらえるような場所に設置をすべきです。

しかし、見てもらう量に拘泥しすぎずに質について考えることも同様に大切です。

例えば、より自分の顧客になってくれる人が通るであろう道や角度を考えるであるとか、人間は左から物をみて頭に残しやすいといった習性を利用することなんかがあげられるかと思います。

こういったことに注意して、長持ちするようにのぼりを管理しつつ、その効果を高めるためにより適した運用法を考え、それを実践していくこと、その二点が大切になってきそうです。

Comments are closed.